So-net無料ブログ作成

2017 台湾鉄道の旅 2日目(その1)

そいや台湾遠征の記事、一日目(4/11)終了したとこから進んでへんかった。
ここんとこイベント記事ばっかりなんで、台湾遠征記間に挟もか。

という事で、遠征二日目(4/12)の話。
この日は台湾一周。台北から台鐵(在来線)で時計回りに行って、高雄いうか
左営からは高鐵(台湾新幹線)で台北戻るいう計画。

ホテル早よ出て、MRTの中山駅向かう時見た、路線バスの一部。
こう見ると、バスも結構おもろいもんや。
DSCF8943.JPG
DSCF8941.JPG

中山からはMRTで移動し、台北駅へ。
S0050748.JPG

台北駅の乗り場でも、バス見た(これは、空港のリムジンバスやろ)。
S0948983.JPG

駅前に展示しとうSLと客車、健在やったな。
S0019008.JPG

そして、一日目に引き換えた、この鉄道パス(ジョイントパス:再掲載)使て、
時間に余裕もって、台鐵の台北駅入る・・・。
DSCF2345.JPG

になるはずやったんやけど、台北の駅員がこのパスの事よう分かってへんのか、
これは使えんから、高鐵の窓口行けとかいうジェスチャーしよって、
中入れてくれへん。別の個所いってみたけど(台北駅は何ヶ所か改札ある)、
そこ(2ヶ所目)も同様に、話し通じへん。
3ヶ所目の改札で、やっと話通じる人に出会えたんで、入場でけた。

余裕もって台北駅行っとったからよかったようなもんの、もしギリギリの時間
やったら、タイムオーバーなってもて、台湾一周パーなるとこやったわ(笑)。

そら、ど田舎の誰も降りへんような駅やったら、パスの存在知らんのも分かる。
けど、ここは台湾の鉄道の中心地、台北駅やで。日本でいうたら、東京駅やろ。
高鐵と台鉄、共通で使えるパスやねんから、台鐵だけが知らんはずあれへん。

まあこの先も、このパスには苦労させられた。
今の対応状況では、はっきり言うて他の人にはお勧めでけへんね。
台鉄の職員(特に台北)もこのフリーパスの事、ちゃんと勉強せえ言いたいわ。

ちょい熱なりすぎたけど(笑)、言いたい放題さしてもうたんで、話し元戻す。

ホーム入れたんは、07時30分過ぎとった。
これから乗る「普悠馬(プユマ)号」は07時40分発。まさに、冷や汗もん(笑)。
DSCF9050.JPG
DSCF9045.JPG

という事で、何の余裕もあれへんまま、普悠馬号到着。
それでも、これでなんとか台湾一周でけるかないうとこやな(笑)。
S0079075.JPG
DSCF9092.JPG

行き先表示も。
DSCF9096.JPG
DSCF9098.JPG

ちなみに、普悠馬号はTEMU2000型いう車両。
前日に席押さえたけど、残りわずかやったんで、取れてよかったわ。

いう事で、07時40分、定刻に出発。
ここからドッと客が乗車したんで、先述の通り、ほぼ満席状態。
S0099102.JPG

ちなみに、普悠馬号は太魯閣(タロコ)号とともに、このパス提示だけでは
乗車不可なんで、事前に座席の指定受ける必要あり。

いう事で、前日に発券してもうた、座席指定券。
DSCF9472.JPG

券面にもあるように、台東までは3時間40分ほど。結構な長丁場やな(笑)。
ただ、座席は通路側やったんで、車内とかは動き回れたし、景色とかは乗降口の
ドアから撮る事でけたんで、よかったんちゃうか。

車内から見えた景色等々。
観光路線でもある、平渓線との分岐するとこ。
S0159155.JPG

左手には、日本(山陽電車やJR)にも同じ名前あるけど、亀山いう駅
通過する前に見える、亀山島。
S0249233.JPG
S0259243.JPG

踏切んとこや、どっかの駅通過するとこも。
S0299268.JPG
S0309280.JPG

花蓮(ホワリエン)着く前、右手見える山々。この先が、太魯閣渓谷(や思う)。
S0459411.JPG
S0479427.JPG

09時40分前後、花蓮駅到着(到着前の合わして)。
ここで、結構降りてったな。逆に、少し乗ってきたけど。
S0489438.JPG
S0499445.JPG
S0509458.JPG

そして、また台東向けて出発。
ここから台東までは、そんなに景色撮ったわけやないんで、一枚だけ載しとく。
S0529476.JPG

ところで車内の設備、一部載しとこか。
ドアは台湾新幹線同様、このボタン押して通り抜ける。
S0179177.JPG

充電器のコンセントもあり。
S0589523.JPG

多目的用トイレも。
S0279248.JPG

車内には、ボックスシートあり(花蓮過ぎて、誰も乗らへんので撮った分)。
けど見とって、ちゃんとシート戻して降りろやって思うわ(笑)。
S0519466.JPG

そして到着予定の11時24分前後、台東着。
普悠馬号も、今度は乗りたい思てた車両なんで、乗れてよかったわ。
S0579516.JPG
DSCF9531.JPG
DSCF9545.JPG
DSCF9539.JPG

ホームから見た、高雄方面(上)・台北方面(下)。
DSCF9549.JPG
DSCF9535.JPG

普悠馬号ラッピングのごみ箱も。
DSCF9547.JPG

台東駅の駅名標。
DSCF9647.JPG

これだけ撮って、次は12時50分発の列車乗んので、一旦改札の外出る。
まあ、1時間以上ホームおってもしゃあないからな(笑)。
ちなみに、フリーパス提示して改札出たけど、当然(?)何も言われんかった。

という事で長なったんで、台湾遠征二日目の記事の1回目、終わり。
続きは、次回以降に。
nice!(67)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 67

コメント 12

yumibaba

台東行ったよ~。2日程駅前の旅館へ泊ってから、
船でらんゆい島へ行きました。
らんゆい島で、仲良くなった人達の事を思い出したわ。
台湾、いい思い出ばかりです。
by yumibaba (2017-05-23 08:14) 

hatumi30331

台湾、鉄道の旅〜
楽しそうやね。
人気の列車は満席なんやね。^^
綺麗な風景を見ながら、列車の旅、楽しめましたね。^^
by hatumi30331 (2017-05-23 08:28) 

まるたろう

yumibabaさん、おはようございます。
台湾ご旅行時、台東にも行かれたんですね。
自分の場合は、鉄道の乗り継ぎ地点でしかなかったのですが、
またこの地を訪問できたら、ゆっくり探索したいです。
らんゆい島ですか、なるほど、いい思い出がおありなんですね。
yumibabaさんがされたような旅、ぜひやってみたいです。
by まるたろう (2017-05-23 08:45) 

まるたろう

hatumi30331さん、おはようございます。
どこの国や地域もそうだと思いますが、鉄道の人気列車は常に
満席状態になるんでしょう。ましてや、台湾東部は新幹線が
ありませんので、よけいに混雑しますね。
ただ、景色は素晴らしかったです。
by まるたろう (2017-05-23 08:47) 

りみこ

充電できるところがあったり、ドアを開けるスイッチがあったり
ところ変わればですねー
面白いですね
by りみこ (2017-05-23 09:12) 

raomelon

鉄道パスの事を、台北の駅員が知らないなんて!
あり得へんわ~
間に合ったから良かったものの、言いたくもなりますね^^
車窓からの景色が良いですね~
by raomelon (2017-05-23 11:15) 

まるたろう

りみこさん、こんばんは。
列車内の充電個所、日本でも新幹線では当たり前にはなってきて
いますが、台湾では優等列車が自動ドアではないので、むしろその方が
珍しいと思います。自分も最初、戸惑いましたから。
あらを探せば、面白いです(笑)。
by まるたろう (2017-05-23 18:55) 

まるたろう

raomelonさん、こんばんは。
まさに遠征二日目、波乱の幕開けでした(笑)。
この鉄道パス、田舎の駅ならともかく、台北の駅員が分からないのでは、
話になりませんね。
ですので、この鉄道パスを使われる方は、覚悟の上でと申し上げて
おきたいです。
苦労して乗り込んだ分、車窓からの眺めは素晴らしいと感じました。
by まるたろう (2017-05-23 21:28) 

viviane

え~~~!?高鐵を一周!?駅弁は?買いましたか~?
雨だったのに車窓からの眺めは日本とは違って~素晴らしい景色ですね 何だか墨絵の世界の様~♪
by viviane (2017-05-23 22:29) 

まるたろう

vivianeさん、こんばんは。
この日は日帰りで台湾一周という事で、台北から時計回りに
台鐵で進み、左営からは高鐵で台北に戻るというルートです。
駅弁ですが、台東駅で売っていましたので、もちろん買いました。
おっしゃるように、雨にもかかわらず、景色は素晴らしかったです。
時間の都合上できませんでしたが、花蓮では降りたかったですね。
by まるたろう (2017-05-23 22:35) 

あおたけ

台北の駅では改札で
ちょっとしたトラブルがありましたが、
列車へ無事に間に合ってよかったです(^^)
プユマ号、設備が整っていて、
乗りやすそうな列車ですね~。
車両はたしか日本製なんですよね。
by あおたけ (2017-05-24 06:59) 

まるたろう

あおたけさん、おはようございます。
まさかの入場時トラブルでしたが、今思えば、台北の駅に時間に
余裕をもって行っていて正解でしたね(笑)。
時刻表を見たら、いい時間帯にプユマ号が運転していましたが、
なんとか一席確保ができたので、よかったです。
車内設備も充実していました。
そうですね、自分もこの車両、日本製だったと記憶があります。
by まるたろう (2017-05-24 08:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0