So-net無料ブログ作成

2019.01 九州北中部の旅3日目 ②

やはり次の話はこちらに飛んで(笑)、1月の九州遠征の話。
まあ、早よ書いてきたいとは思とるけど、とりあえず三日目(1/26)の続き。

長崎電気軌道(路面電車)市民会館の電停から乗って、どこで降りたかやけど、
ここ宝町で降りた。ここから、稲佐山見学のため、ロープウェイの駅向かう事に。
S0114088.JPG

まあ最寄りいうたかて、ここからロープウェイの駅までは結構距離あんので、
方法としたら、歩くかバス乗るかせなあかん。んで、自分の行動は前者。
S0134104.JPG
DSCF4133.JPG

この渕神社いうのが目印。階段上ってくと、確かに神社ある。
DSCF4141.JPG
DSCF4145.JPG

んで、隣にロープウェイの駅ある。もちろん、渕神社いう駅名。
DSCF4149.JPG
DSCF4159.JPG
DSCF4151.JPG

ロープウェイの往復乗車券。
DSCF6775.JPG

そして、ロープウェイ乗車。
ついでに言うとくと、この時の客、自分一人やったから、貸し切り状態(笑)。
S0204194.JPG

ちなみに、この車両のデザインは、意外な人(?)が担当しとった。
鉄道やと、北陸新幹線や観光列車「四季島」のデザイン手がけた、奥山清行氏。
S0194184.JPG

まあ何が意外か、九州内での車両いうたら、“大先生”(水戸岡鋭治氏)のが
一般的やからな。大先生やのうてこの人に頼むとは、ええ度胸しとうわ(笑)。
まあ、なかなかええデザインやとは思うけどな。

それはええとして、ロープウェイから見えた景色。
DSCF4208.JPG
S0234230.JPG

5分ほどで、稲佐岳駅到着。そっから2~3分で、展望台の入口へ。
DSCF4411.JPG
DSCF4269.JPG

DSCF4407.JPG
DSCF4305.JPG

そして屋上到達。ここも来とう人は誰もおれへんで、貸し切り状態(笑)。
DSCF4335.JPG
DSCF4357.JPG
DSCF4366.JPG

建設中の、九州新幹線西九州ルートの長崎駅んとこも。
DSCF4355.JPG

もっとも、午前やから逆光やったし、それやと撮影には不向きやから誰も来えへん
かったのやもしれんけど、自分にとってはこん時に、ここいんのが自分一人いう
シチュエーションに酔えたんはよかった思うな(笑)。

そして、再びロープウェイ乗るため稲佐岳駅戻り、出発時間なったんで乗車。
こん時も、客は自分一人(笑)。そん時撮ったのも。
DSCF4455.JPG
S0404451.JPG

渕神社駅到着後、その後は同じコースで路面電車の電停(宝町)戻る。

ところで、ロープウェイにはガイドが乗務しとう。
肩書は「夜景アテンダント」いうそやけど、上り下りの人とも撮らしてもうた。

上りの時おった人(上2枚)と、下りの時おった人(下2枚)。
2人ともいろいろ話もでけたりして、ええ時間過ごせたわ。
DSCF4206.JPG
S0254253.JPG

DSCF4417.JPG
S0384434.JPG

以上が、稲佐山見学の話やった。
朝の稲佐山もよかったけど、やはり今度は夜ん時上ってみたいもんやな。

そして、宝町から路面電車乗って向かったんは・・・。
と、長なったんで今記事はこれで終わり。続きは、次回以降に。
nice!(57)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

nice! 57

コメント 4

Boss365

こんばんは。
ロープウェイ車両が奥山清行氏とは凄い!!
水戸岡鋭治氏よりは本業デザイナーの奥山氏の方が優れていると推測です。
貸切状態良いです。乗り心地は快適でしたか!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-03-07 19:46) 

まるたろう

Boss365さん、こんばんは。
自分も、このロープウェイのデザイナーが奥山氏というのは、
現地に行って知りました。
確かに、水戸岡氏の牙城でもある九州で、奥山氏のデザインを採用した
長崎ロープウェイの決断は、ある意味すごいと思いましたね(笑)。
乗り心地も揺れも少なく快適でしたし、また自分にとりましては
おっしゃるように、貸切状態もよかったです。
by まるたろう (2019-03-07 21:25) 

raomelon

お天気が良いので、ロープウェイからの眺めも
展望台からの眺めも絶景ですね♪
この景色を独り占めとは羨ましい(笑)
「夜景アテンダント」さんとも色々お話しできて
楽しい時間を過ごされましたね♪
by raomelon (2019-03-08 12:31) 

まるたろう

raomelonさん、おはようございます。
ここに上ったのは午前なので、撮影時逆光にはなりましたが、
天気がもそうですし、なにより景色を独占できたのがよかったです(笑)。
夜景アテンダントの2人と、いろいろな話ができたのも収穫でした。
by まるたろう (2019-03-09 06:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。