So-net無料ブログ作成

2015.11 九州乗り鉄の旅3日目 ①

さて、キリ番の話も一段落したことやし、昨年の九州遠征の話戻ろか。
3日目(最終日:11/4)も、列車三昧やったな(笑)。

博多駅(博多口:在来線側)からスタート。
DSCF5907.JPG
DSCF5911.JPG

乗り換え改札抜けて、まずは新幹線ホーム。
N700系8両、JR九州の客室乗務員たちによる見送りの場面に遭遇。
S0315916.JPG
S0325926.JPG

そして、在来線ホームへ。
博多から、特急「ゆふいんの森」1号と3号、由布院トランジット(乗り継ぎ)で、
大分・別府まで。この乗り継ぎパターンは、2010年5月以来2度目。
ゆふいんの森も全席指定やし、バースデーパスも有効利用でけるんで。

09時20分の1号(キハ72系:指定席利用4回目)。
この車両乗んの、2011年6月以来やな(見るだけなら、昨年2月以来)。
S0076602.JPG
DSCF5170.JPG

それにしても満席、中華系の客が半数近く(それ以上かも)やったんちゃうか。
バースデーパス予約する際、ゆふいんの森は絶対席確保しよって考えたんで、
なんとか席確保でけたけど、平日でもこんなんやねんから、土日祝なんか
間際の予約なんか絶対あかんやろな。

今回は、新造された4号車(今までの4号車は、5号車なったはず)。
いうても、座っとったんはほんの15分程度。自分の席の周りは先述通り、
中華系の客に囲まれとう状況、話し声もでかいし、まさに“完全アウェー”(笑)。
S0145183.JPG
DSCF5168.JPG

そやから、もう鳥栖過ぎたらそれ以降、自席戻る事あれへんかった。
まあ、別のスペースで乗務員の人と、いろいろ話しとったんでな。
その方がおもろかったし(笑)。

例によっての撮影スポット、慈恩の滝(上)と豊後森の機関庫(下)。
S0305300.JPG
S0315311.JPG

という事で、2時間10分ほどで由布院駅到着。
まあ、いつもの事やけど、あっという間って感じやね。

到着直後の由布院駅の構内、載しとこか。
S0375378.JPG
DSCF5347.JPG
DSCF5355.JPG
DSCF5381.JPG
DSCF5350.JPG

次の3号乗んのは、約1時間後。一旦改札出る。
由布院駅の駅舎。
DSCF5391.JPG

駅から見た由布岳(や思うねんけど)。
DSCF5395.JPG

駅近くには、高速バスの乗り場もある。
DSCF5393.JPG

周辺うろついた後、再び改札抜け、駅構内入る。
停車中の普通列車や、ホームから見た大分方面も。
S0395440.JPG
DSCF5441.JPG

そして、ゆふいんの森3号到着(キハ71系:指定席利用5回目)。
乗んのは、先述通り2010年5月以来、見るだけやったら、2012年9月以来
S0425467.JPG
DSCF5480.JPG
S0086608.JPG

この車両も同様で、座っとったんは5分もあれへん。
あとは、別スペースへ直行(笑)。
S0445483.JPG
DSCF5487.JPG

3号は以前乗った時、大分駅工事の関係で大分止まりやったんやけど、
今は本来の行先である、別府まで走る。
別大マラソンのコースである国道10号線(上)と、海たまご(下)。
S0565581.JPG
S0605602.JPG

そして、別府駅到着。おなじみの(?)駅名標も、合わして撮っといた。
S0615624.JPG
DSCF5629.JPG

別府駅の駅舎。駅前の銅像、誰やったか忘れた。
DSCF5633.JPG

改札入ったとこある、顔出しパネル。
DSCF5643.JPG

そして再びホームへ。
13時49分発の「ソニック21号」は885系。大分まで戻る。
S0625658.JPG

大分駅到着。滞在時間は30分ほど。
てな事で、話長なったんで、続きは次回以降にしよか。
nice!(70)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 70

コメント 22

天神堂牛笛

こんばんは。
九州はいろんな名物列車が走ってるんですね。鉄ちゃんにはたまりませんね。
by 天神堂牛笛 (2016-01-16 19:28) 

まるたろう

天神堂牛笛さん、こんばんは。
九州には、個性的な列車が多く存在しますね。
おっしゃるように、鉄好きな人間にはたまらない地域でしょう(笑)。
by まるたろう (2016-01-16 20:19) 

ひろし

ちょっと訪問できずに、まとめ読みでした。
遅ればせながら60,000niceおめでとうございます。
えべっさんの福娘もええ感じやったな~

ここにもC国パワーですか。
最近ミナミに行ったら、これ何処の国やねんって感じですもんね。
それにしても九州は色んな列車が見られて、鉄ちゃんにはたまらないですね(^^)

by ひろし (2016-01-17 09:01) 

裏・市長

正直、まるたろうさん、座席いらんよね(笑)。

鉄道各社は「まるたろう運賃」を検討する時代に
突入したのかも知れない・・・。

もったいない気もするけれど、
一期一会の乗務員さんとのお話タイムのほうが
貴重やで。こっちはプライスレス!。

by 裏・市長 (2016-01-17 10:16) 

まるたろう

ひろしさん、こんにちは。
いやいやとんでもないです、まとめ読みは大歓迎ですので。
キリ番のお祝いコメントも、ありがとうございました。
今宮戎も初参戦でしたが、福娘たちの笑顔に癒されましたね(笑)。
C国を含めた中華系の客、ミナミでも多いですよね。
確かに、ここはどこの国?という感じもしますし(笑)。
九州の列車も、本当に鉄にはたまらない魅力があります。
by まるたろう (2016-01-17 10:47) 

yogawa隼

豊後森機関庫で保存される9600形29612号機の画像を初めて見ました。
京都梅小路や大宮・門司港に、勝るとも劣らない施設になることを夢見ています。
by yogawa隼 (2016-01-17 11:37) 

まるたろう

裏・市長さん、こんにちは。
今回書いた2つの観光列車は、近鉄の特急と同じ、全席座席指定
ですので、指定席券が無ければ乗る事ができません。
でっすので、真っ先に席を取ったというより、自分にとっては、
乗る事ができたと言えますね(笑)。
おっしゃる通りで、乗務員との一期一会の出会いもありましたので、
乗車してよかったです。
by まるたろう (2016-01-17 11:52) 

まるたろう

yogawa隼さん、こんにちは。
豊後森の機関庫も、初めて見た時は荒れていた感じでしたが、
ずいぶん整備されましたね。ここも一度は近くで鑑賞したいです。
車窓から見た限りでは、梅小路ともいい勝負ではないでしょうか。
by まるたろう (2016-01-17 11:54) 

raomelon

「ゆふいんの森」綺麗な列車ですね
2時間10分て普通は長く感じますよね~
別のスペースがあるのでホント早そうです(笑)
by raomelon (2016-01-17 12:03) 

まるたろう

raomelonさん、こんにちは。
ゆふいんの森は観光列車という事で、観光客からも大人気です。
以前は平日でしたら、そんなに苦も無く座席の予約はできましたけど、
外国人観光客も多く乗るようになり、予約困難状態になりましたね。
2時間10分、おっしゃるように普通ですと長く感じますけれど、
別スペースにいた時は、本当にあっという間に過ぎました(笑)。
by まるたろう (2016-01-17 12:16) 

えーちゃん

九州は中国からの観光客が多いらしいね。
近いからか?
ゆふいんの森もいいけど、湯布院温泉でのんびりしてみたいです(^^;
by えーちゃん (2016-01-17 13:04) 

hatumi30331

いいなあ〜
湯布院行って来たんやね。^^
列車も中国語が!?
そこまで来たか!?って感じやね。^^;

今日もボチボチ歩いてきたよ。
良い距離です。^^
by hatumi30331 (2016-01-17 13:04) 

isoshijimi

最初の写真、あんなふうに丁寧に見送るのですね。すごいですね。
九州の電車にはそんなにお近くの海外の方がいらっしゃるのですね。
土地が近いだけあって・・・って違いますね(^^;
by isoshijimi (2016-01-17 16:52) 

まるたろう

えーちゃんさん、こんにちは。
九州への外国人観光客、なにも中国だけではないですよ。
他のアジア諸国・地域からも来ていますし。
自分も湯布院温泉自体は知らないので、また訪問できればと思います。
by まるたろう (2016-01-17 16:59) 

まるたろう

hatumi30331さん、こんにちは。
湯布院に行ったといいましても、いつものように(?)駅周辺を
散策しただけですので、行ったといえるかどうかです。
ゆふいんの森の乗客、中国本土からかどうかは分かりません、
台湾からかも知れませんし、ただ中華系の客ばかりだったという事は
言えますね。中国語も、多数飛び交っていました。

あまりご無理なさらず、お大事になさって下さいね。
by まるたろう (2016-01-17 17:04) 

まるたろう

isoshijimiさん、こんにちは。
JR九州の乗務員たちは、新幹線の列車が動き始めてから、
最後尾の車両が通り過ぎるまで、ずっとこの見送りです。
確かに見ていても、丁寧さが伝わってきますね。
やはり九州は東京よりは近い事もあってか、九州の車両に
乗っていても、隣国・地域からの観光客は多いですね。
それは、自分が見ていても感じます。
by まるたろう (2016-01-17 17:10) 

あおたけ

九州乗り鉄の旅、
ゆふいんの森をタイプの違う二種を乗り比べるなんて、
とても楽しいルートですね~(^^)
お天気にも恵まれて、由布岳や別府湾の風景もキレイですね!
大分から先はどこに行かれるのか、楽しみです

by あおたけ (2016-01-17 21:17) 

まるたろう

あおたけさん、こんばんは。
ゆふいんの森の乗り比べ、以前も自分はやりましたけど、
せっかくなので今回も両車乗る事に致しました。
それぞれにも特徴があり、楽しい時間を過ごせましたね。
由布岳や別府湾の景色も、素晴らしかったです。
大分から先ですが、バースデーパスの指定席利用分、あと1回
残っていましたので・・・という事でご推測頂ければと思います(笑)。
by まるたろう (2016-01-17 21:51) 

ソニックマイヅル

由布院の森号、一度は乗車してみたいです。確かに話し声が大きいですよね。中川家のコントを思い出します。^^;爆
by ソニックマイヅル (2016-01-18 09:05) 

まるたろう

ソニックマイヅルさん、こんばんは。
この列車名は“ゆふいんの森”なので、よろしくお願いします(笑)。
機会がございましたら、一度乗車なさってみて下さい。
by まるたろう (2016-01-18 20:13) 

風来鶏

俳優の石丸謙二郎さんの観光ナレーションが聞けるのは、特急ソニックの別府〜大分間だったかな(*^^*)
by 風来鶏 (2016-01-19 13:22) 

まるたろう

風来鶏さん、こちらにもコメントを頂き、ありがとうございます。
そういえば、ご指摘のナレーション、車内放送されていましたね。
自分はこの放送、全く知らなかったのですが、いろいろ観光巡りの
参考になる内容だと思いました。
by まるたろう (2016-01-19 20:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0