So-net無料ブログ作成

JR九州乗りつぶし 1日目

昨日書いた通り、九州に鉄道乗りつぶし行ったことを書いてこう思う。

一日目(10/19)、まずは新神戸駅から小倉まで。
6時38分発のひかりレールスターに乗る前に、やるべき事が。
それは26分発、0系こだまの撮影。
既に駅に何人かおったし、到着と同時に1号車から、先頭を撮影しようと、何人か降りてきて、
撮影合戦になったな。というても、場所取りみたいなことはなく、平穏無事に終わったけど。

0系こだま
DSCF3933.JPG

ひかりレールスター700系
DSCF3941.JPG

座席はこんな感じ。2列×2列で、快適やった。
DSCF3949.JPG

自分の乗った4号車は、サイレンスカーいうて、静かにせなあかん車両。
他の指定席車(5~8号車)は結構埋まってたけど、ここだけは、小倉着くまで、
5人くらいしか乗り降りせえへんかった。
けど静かやいうても、到着案内くらいは音量低くしてでも、放送して欲しいもんや思うた。
駅着いて、寝とった人が気づいて、慌てて降りてったのを見たからな。

小倉駅到着後、JR九州のみどりの窓口へ行き、九州特急フリーきっぷ購入。
2日間有効の券で、22,000円。ちなみに3日間用のは、25,000円。
NEC_0520.JPG

最初は、小倉から門司港まで。
門司港駅
DSCF4013.JPG

九州鉄道記念館を再訪。入場料が300円と、安いのは魅力やな。
さほど展示物があるわけやないけど、1時間近くおった。
DSCF4026.JPG

次の電車に乗るまでに時間が少しあったので、関門橋の撮影をする。
DSCF4097.JPG

そして門司港から小倉まで戻り、大分行のソニック17号に乗車。
自由席でも革張りで、高級感あふれる車内。人気なのもうなずけた。
DSCF4137.JPG

大分駅に到着。
駅改良工事しとんので、ゆふいんの森が到着する久大本線は高架。日豊本線は地べた。
列車撮影するため移動すんのに、ずいぶん歩かされた。

大分到着の、ゆふいんの森3号。当然ながら(?)、結構人が乗っとった。
DSCF4187.JPG

そしてまた別府まで戻り、宮崎空港行のにちりん15号に乗車。
別府駅の駅名標の、温泉マークはおもろい。
DSCF4209.JPG
DSCF4217.JPG

しかし、車販がないんはちょっとつらいな。
宮崎空港までの所要時間は、約3時間半。駅で弁当以外買うてへんかったから、その間
何も買えんのはしんどかった。車内に自販機あるいうても、缶コーヒーは150円するし。

延岡まではガラガラやったのに、延岡からは急に乗客が増え(たぶん高千穂観光の乗客達
やろ思う)、宮崎まで結構座席が埋まった。宮崎過ぎたら、またおらんようなったけど。
そして宮崎空港駅到着。
DSCF4261.JPG

空港内では、ひむか市場いうて、宮崎の特産・名産品のPRコーナーが設けられとった。
地鶏を結構いろんなブースで試食さしてもうて、結構腹ふくらんでもた。
なおラジ関まつりで見た、みやざき花の女王もPRでおるか思うたけど、残念ながら不在。
DSCF4271.JPG

当然この人の看板もあった。
DSCF4268.JPG

そして宮崎駅まで戻り、今度はきりしま15号に乗車。
DSCF4298.JPG

夜やから、車窓が見えへんかったのは残念やけど、乗りつぶしはできたんで良かった。
ということで、21時08分に鹿児島中央到着。
普通列車に乗り換えて、九州新幹線開業でも鹿児島本線として生き残った、
鹿児島中央~川内間を乗車。

川内駅の駅名表(上が在来線で、下が新幹線)。
DSCF4328.JPG
DSCF4343.JPG

そして川内から、新幹線つばめに乗り換えて、鹿児島中央に戻ってきた。

ということで、1日目終了。
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 5

コメント 4

hajime

静かにせなあかん車両、私も乗ってみたいです。
by hajime (2008-10-21 23:00) 

schnitzer

私も先々週に同じようなルートで回ってきました。
九州一周はできたのですが、完乗を果たすことは出来ておりません。
私の場合、まだまだ先が長そうです。
by schnitzer (2008-10-21 23:54) 

まるたろう

hajimeさん
このサイレンスカーという車両、車内の検札でも声をかけないですし、
車内販売も黙って通り過ぎるだけでした。
本当に、シーンと静まり返っていましたね。
by まるたろう (2008-10-22 06:36) 

まるたろう

schnitzerさん
初めてのコメントありがとうございます。
九州一周の記事、拝見させてもらいました。

今回の九州一周で、本線はほとんど乗り通すことができたのですが、
枝線が残ってしまったので、かえって次以降が大変になったかも
知れません。
自分もまだまだ全線完乗まで、道は遠いですね。


※名前を間違えて投稿してしまいました、すみません。
  訂正して再掲載しました。
by まるたろう (2008-10-22 20:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0